忍者ブログ
サイトの更新状況や日々のとりとめないこと書いてます。
[268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [258]  [257
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大阪編になってからサスペンス劇場と化した大河。
一体誰が犯人なんだ。

豊臣メンバーは危うい精神状態の人たちが多くてはらはらしながら観てます。
堺信繁しょっちゅう固まってますね~戦場とはまた違った緊張感の連続。
最近はこなれてきて流れに身を任せるのがうまくなってきてます。

きょーれつなキャラが続いてるんで、地味な役どころにも目が行きます。
昌幸パパの弟信尹さんとか今どーしてんのかな。先週秀吉弟、秀長さん亡くなってしまってさみしいわ~
控えめ弟コンビ。
こんな堅実な弟がいてるから兄ははっちゃけられるんですよ。
戦国時代といえば血縁の骨肉の争いですが、一族総出で団結するのも戦国時代。
豊臣政権を支えたのは秀長さんだと信じてやまない今日この頃。

この辺の話は大河で何度もみてきたところですが、こんなに次どーなるかと気になることなかったよ~
利休切腹をめぐる話も真実がたたみこむよーに明らかになっていくとこもおもろかった~何話目か前の法廷劇風も遊んでるな~って感じです。

山本三成とか大谷愛之助の言動もここでそうでるんだ、みたいな細かいそそられるシーンが多くて何からとりあげていいかわかんなくなる今年の大河。
ますます楽しみになりましたv

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/07 マンゴー]
[01/04 bluegray]
[01/18 マンゴー]
[01/11 bluegray]
[08/20 マンゴー]
最新TB
プロフィール
HN:
マンゴー
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]