忍者ブログ
サイトの更新状況や日々のとりとめないこと書いてます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
面白かった~今年観たやつの中で一番よいv


とかいいつつヤッターマンの主題歌だけど。コレ一番好きなの嵐の中で。

大野君のキャラが最大限表現された役柄でした。
アクションもかっこよかったし。踊ってるみたいだった~
名作ムジナ(相原コージ)を彷彿させる、なかなかハードボイルドな世界感ですよ~
石原さとみ嬢のツンツンヒロインもはまってたね~

岡田君の関ヶ原が楽しみでたまらんね~
歴史ものが目白押しでたまらん今年v
PR

SFと70’は相性がいい。
SFは70年代花開いた。70年代のネタは今もうけつがれている。そうじゃろ?
相性がよくて当然ですよね~

前回のガーディアンズオブギャラクシーが楽しかったので続編も観ましたよ。
↑は前回の挿入歌です。
音楽の選曲は前の方がわかり易いの多くて好きだけど、今回はなんか父と子の葛藤エピソードとか、70年代のヒーローものにあるあるネタで、懐かしいベタさに逆に感動。なんか、あんまりCGを使ってなさそうな画面もしっくりきます。
最期のテロップまでつくりこんでて映画館明るくなるまで飽きさせないのもいいです。
世間の皆様はテロップ最後まで見る派?わたし一応最後まで見る派。
なので黒に白字のテロップえんえんはツライの。
こーゆーサービス精神が好きです。3も観に行くね♪今度はもっとわかり易い選曲にしてねv


萬斎さん主演の花いくさも観ましてん。
今戦国ものが増えててうれしおす。
いろんな方向性から攻めてほしいですよね!
正確には戦国時代というよりは、安土桃山時代になるのでしたかしら。
この作品は文化的なとこから攻めてるのが興味そそられました。
利休と秀吉ものはまあありがちなんだけども。華道と秀吉というのは、新しいですね?
ラストはねえ、笑ってすませられんわ的なとこあるけど、絶対的権力者に刀意外で立ち向かうってとこはステキっすよ。
あと、配役がなんか意外でよかった。出演者は“大作”常連の骨太俳優ぞろいなんですけど
中井貴一=織田信長、佐藤浩市=利休とかなんか意外じゃないすか?そーでもない?
安土桃山文化の、戦国武将が筆まめだったり、お茶碗を大事にしたり、戦と戦の間の話も好きなんでーそーゆー方向性のんが観たいです。

リロ&スティッチ、フラガールに続き第三次フラブームが来る・・・かどーかは知らないけど、
モアナ観ましたよ~
ランドの新アトラクション予想つく出来w
私好きなシーンは先祖の航海シーン、は動画みつからんかったけど、もう一回そのシーンを観るために映画館行くつもりです♪

モアナの可愛さはもちろんポジティブヒーロー、オアフもいいキャラ
映画館にいたカップルが「オアフ、だんだんイケメンに見えてきた~v」「ほんま~v」とか言うてましたが、おばちゃんもそれ思ったv
吹き替えの尾上サンが絶妙マッチングしとったな。





フラシーンが少ないのがさみしーかな。もうちょっと踊ってよモアナ~
オアフのダンスが印象的だったのでひょっとしたら第三次フラブームはカネ(男性)ダンサーがくるかもしんない。
フラボーイとかタイトルで映画つくってちょ
アサシンクリードを観ましたw
映画観たいな~なにやってんのかな~今と検索したら引っかかった。
中世のビジュアルと歴史の謎かなんかを暴くみたいな設定にひかれたんですわ。
どこの映画よ~、英、米、仏、香港?
ゲームが元ネタらしいです。
これは、めっさ楽しいか、雰囲気重視の迷宮映画か、後者なんだけどw
何をめぐって、何のために、何をしようとしてるのか、さっぱりわかんないままラストまできてしまった。
しかしビジュアルとかアクションシーンは結構かっこよいので、まあまあ飽きなかった。
飽きないけど頭の中に???が続く。
私が中世ヨーロッパのこと詳しくないからだけでもないと思う。たぶん。
舞台はスペインかイタリアかわかりませんが、中世から現代まで町並み変わってないとかすごいわ~
中世のマントすっぽりの人物が立ってても違和感なし。
高層ビルから見下ろしててもある意味かっこいいかもしれないけど。
歴史の謎を探るとか、いいよね。本能寺の変の真実とか、多角的に知りたいよね~
ってこの映画を観ながら、この設定を我が国に置き換えることを考えて楽しかった。
もちろん王家にも置き換えたよ。
王子の子孫がご先祖の歴史の謎に迫る。自分が失われた民族の王と知るイズミル(現代人)もちろん敵方のドクターはキャロちゃん。
壮大な設定を思いついては後が続かないって、なんか自分みたい・・・てへぺろ
久々にこれ観に行かなくちゃ!とはりきって観に行きましたよ。
キリスト教のことは興味ないっつーか、まったく知らないで理解できるか不安でしたが、日本の小説を外国の監督さんが映画化って気になるやん?
理解?できるわけないやろーもん。
宗教問題よ?
宗教の弾圧は古今東西、残酷なもんですけど、我が国ながら、ほんまやだわ~って思いながら観てました。
でもその中でも、いろいろ、感じることは多かったので、いい映画やったです。
もう、観たくないけどな!内容しんどい。
個人的には私、一神教より多神教の方が向いてると改めて自覚。
なんていうか、一人の神様で世界を仕切れるわけないっしょ~神様も大変ですよ。
イッセー尾形のお奉行さまの底知れない怖さと窪塚洋介のキチジローの図太さに日本の沼力も感じた。
どんな思想も日本という沼は飲み込んで形を変えていっちゃうものらしいよ。
まあ、確かにクリスマスもバレンタインも都合のいいように変えていく日本。でも文化なんてそんなもんちゃうのかな。
意外な変化は、主人公ロドリゴくん最初キチジローのことユダとか惨めなものとかいう評価だったけど、最後にはそばにいてくれてありがとうとまで言っちゃう。
二人が本当の意味で分かり合ったかいうのはわからんけど。
しかし作中まったく奥さんとの交流は描かれなかったが彼女はロドリゴのことを理解してたっぽい。最後のエピソードが救い。
明治維新後、長崎で生き残った隠れキリシタンたちがたくさんいて、今も子孫の方が信仰してらっさる、そんなエピソードも盛り込んでくれるとよかったな。
音楽がね無かったような気がする。エンディングのテロップの音楽も虫の声と波の音と雷鳴。
まさにサイレント。
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新CM
[01/07 マンゴー]
[01/04 bluegray]
[01/18 マンゴー]
[01/11 bluegray]
[08/20 マンゴー]
最新TB
プロフィール
HN:
マンゴー
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]