忍者ブログ
サイトの更新状況や日々のとりとめないこと書いてます。
[219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [208
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パーチーしてますか~!
スパークリングいかーすか?在庫いっぱいあるよ~(悲)

高価なシャンパーニュからお手軽スパークリングまでこの時期いっぱい出回りますね
にわかにべんきょーしだすヤツ。
スパークリングの種類を知ったか説明~ぱふぱふ~

シャンパーニュ。フランスの地名です。ここで作られた瓶内二次発酵のスパークリングを呼ぶ。熟成期間とブドウの種類も決まっています。基本ビンテージはない。ブレンドが普通です。ドンペリはビンテージがあります。
値段は5000~6000円くらいからが相場です。
3000円きるやつもたまにある。

基本シャンパーニュ以外で作られたものをスパークリングと呼ぶ。
なんかシャンパーニュは別格扱いされてますね。発祥の地であり厳格な規定も他より多いしおいしーんでしょーね。
正直そんなに飲む機会ないのでよーわかりません。
が、数少ない飲み比べの機会がありまして、他の地方の瓶内二次発酵の商品と何が違うゆうて泡の細かさでしたね。
口の中でけっこう長い間プチプチゆーてました。

瓶内二次発酵・・・あんまりくわしく聞かないでそこのところ。
シャンパーニュ製法の代表文句。はしょりまして炭酸ガスをあとから注入しない方法です。自力の泡ちゅーことですか。

クレマン。とはフランスのシャンパーニュ地方以外で作られた瓶内二次発酵スパークリングです。クレマンと呼べる地域は4、5か所あります。3000円くらいから。かな~2000円きるのは知らんかも。

他に瓶内二次発酵で有名なのは
スペインのカバ。カバと名乗れる地域はいくつかあるそーです。
1500円くらいのお手軽なやつもあります。
イタリアのフランチャコルタ。地名です。シャンパーニュと並び称されるらしいっす。5,000~くらい。

チリもお手軽瓶内二次発酵スパークリングあります。

瓶内二次発酵じゃなくたっておいしーものはたくさんあるよ~イタリアも幅広い価格帯、味がいろいろ出回ってるしポルトガルやオーストラリアとか安くておいしいです。
最近日本のもかなりおいしいです。

スパークリングは大体白かロゼなんですけども赤もあります。
ランブルスコ。イタリアの微発泡スパークリング。甘口多いですが辛口もあります。メイン肉料理と合わせやすいですかしら。

ではではみなさまルネッサーンス。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/07 マンゴー]
[01/04 bluegray]
[01/18 マンゴー]
[01/11 bluegray]
[08/20 マンゴー]
最新TB
プロフィール
HN:
マンゴー
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]