忍者ブログ
サイトの更新状況や日々のとりとめないこと書いてます。
[278]  [277]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なってまいりました。
真田丸のいつもOPが前置きなくいきなり始まるのはまどろっこしくなくて好きです。
「築城」は初めて芝居から始まる演出だったので、なんかたぎる演出になる予感はありました。
しかし、すまん、たぎらんかった。
別に銀魂演出に慣れて予想ついたからとかそんなんじゃないの。
「負ける気がしない」とかキメ顔されても、どーしても結末がよぎって悲しくなるんである。
結果がわかりながら観るのはいつものことなんだけど、大概はみんな身分高い武将が多いので布団の上で最期を迎えるんだけども、幸村は戦場で命を落とすんである。
武将としては本望なんだろうけどなあ~
どーしても現代目線で観ちゃうから、ケガして休んでるところを~とか言われるとなんかやだ。
正直テンションは逆に下がってます。観るけどね!最後まで!

豊臣上層部の足の引張り感すごかったねえ~堺幸村のこらえ感が半端ない。堺氏起用の意味がようやく納得。今頃。

今回の女性陣のキャラ造形もいつもの大河と雰囲気ちがって私は好きだった。
なんていうか、完璧な賢妻というのがなかったのが、よかった。
完全な悪女もいなくって
昌幸の妻、薫の手のかかり感もかわいい感じになってたり、斎藤由貴の暗躍もコミカルだったり。
茶々はだいぶ不気味でしたが、無邪気な言動からぽろっとでる悪意が故意か天然か。

一番は長澤きりのよさが際立ってきてます。私の中で。
幸村(めんどくさいのでこの名でとおす)のきりを邪険に扱う態度。
タイプじゃないのはわかるけどなあ。幸村のタイプはパッと見、しとやかそーなタイプ。きりほどタフで頼りになる嫁はいないだろーにな、見る目ない幸村~と思っていた。
それで貫いていくと思いきや、九度山でなあ、きりが故郷へ帰る言うたとき、幸村がお前はずっと自分を想っていると思ってた的なことを言うたので、こいつサイテーやな、となりました。
本嫁の謹慎貧乏生活の慰めにきりを使ったりとか。
きりも正直幸村の子供を産みたいと思ってた、とか、明るく言うしな。
きり、いい子ですよね。うざい女演出はなんでしょう。戦国時代の女なんてこんなもんちゃいますか。おくゆかしい美徳は江戸時代からじゃー
正直堺幸村はこのエピソードのせいで歴代幸村の中で最低ランクです。あくまで個人的ですがw
よかった言いたいこと言えた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/07 マンゴー]
[01/04 bluegray]
[01/18 マンゴー]
[01/11 bluegray]
[08/20 マンゴー]
最新TB
プロフィール
HN:
マンゴー
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]