忍者ブログ
サイトの更新状況や日々のとりとめないこと書いてます。
[286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [275
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々にこれ観に行かなくちゃ!とはりきって観に行きましたよ。
キリスト教のことは興味ないっつーか、まったく知らないで理解できるか不安でしたが、日本の小説を外国の監督さんが映画化って気になるやん?
理解?できるわけないやろーもん。
宗教問題よ?
宗教の弾圧は古今東西、残酷なもんですけど、我が国ながら、ほんまやだわ~って思いながら観てました。
でもその中でも、いろいろ、感じることは多かったので、いい映画やったです。
もう、観たくないけどな!内容しんどい。
個人的には私、一神教より多神教の方が向いてると改めて自覚。
なんていうか、一人の神様で世界を仕切れるわけないっしょ~神様も大変ですよ。
イッセー尾形のお奉行さまの底知れない怖さと窪塚洋介のキチジローの図太さに日本の沼力も感じた。
どんな思想も日本という沼は飲み込んで形を変えていっちゃうものらしいよ。
まあ、確かにクリスマスもバレンタインも都合のいいように変えていく日本。でも文化なんてそんなもんちゃうのかな。
意外な変化は、主人公ロドリゴくん最初キチジローのことユダとか惨めなものとかいう評価だったけど、最後にはそばにいてくれてありがとうとまで言っちゃう。
二人が本当の意味で分かり合ったかいうのはわからんけど。
しかし作中まったく奥さんとの交流は描かれなかったが彼女はロドリゴのことを理解してたっぽい。最後のエピソードが救い。
明治維新後、長崎で生き残った隠れキリシタンたちがたくさんいて、今も子孫の方が信仰してらっさる、そんなエピソードも盛り込んでくれるとよかったな。
音楽がね無かったような気がする。エンディングのテロップの音楽も虫の声と波の音と雷鳴。
まさにサイレント。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/07 マンゴー]
[01/04 bluegray]
[01/18 マンゴー]
[01/11 bluegray]
[08/20 マンゴー]
最新TB
プロフィール
HN:
マンゴー
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]