忍者ブログ
サイトの更新状況や日々のとりとめないこと書いてます。
[107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カテゴリーを追加しました。
主に自分用です(^^覚えたてのねたとか味とかメモしておこうとかいうw
我が酒知識は素人に産毛程度。表現にセンス無し。知らないことの方が多いのでむしろ教えて下さいv
余計なこと書いちゃわないか不安ですが気をつけよう~

年末たくさんおいしいところが試飲販売で来てたのに全然飲めなかったのが残念です。
今売場ひまなので久々にゆっくり味見できる~
大七、福島県のお酒ですが、めっさおいしい。
やっぱお客さんの方がわかってはります。人気なのは知ってたけど試飲で来てくれないとなかなか飲まないもんなんですう。
とりあえずは常時おいてる純米酒と純米大吟醸『箕輪門(みのわもん)』を飲ませてもらいましたが、やばいです。ぐいぐいいける。私すぐに顔でるからやばい。
純米酒は普通燗に向かないって紹介するんですが大七は燗にも耐えれます。私燗酒ってもあっとする感じがおいしいって思わなかったんですけど、この“もあっ”はいける。冷と違った味が楽しめてお得。
違いが確かめられるように燗にする小道具持ってきてくれてるのが嬉しい。おすすめはぬる燗40~45℃ですが熱燗50℃もいけるかもしれない。
箕輪門もよかった。水のようにすっと入ってくる。でも水じゃない~720ml税抜3500円ですが5000円ってなっててもそうかなって思う。
このぐらいの値段だと普通は贈答用が多いですけど自宅用のお客さんも多かったんですよね~やっぱお客さんの方が知ってはる。
純米大吟醸は常温か冷のお勧めが普通ですが箕輪門にかぎっては人肌温35度くらいにする方もいらっさるとか。

大七さんの特徴は全部生もと造りであること、生もと造りとは端折りますが昔ながらの造りかたです。
あとは精米も独自の方法で会社でしてはるそうです。
少人数でやってる蔵元さんだとリスクと手間がかかるのでなかなか手が回らないとこでしょな。
あとラベルが素敵。見栄えも大事なとこありますよね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/07 マンゴー]
[01/04 bluegray]
[01/18 マンゴー]
[01/11 bluegray]
[08/20 マンゴー]
最新TB
プロフィール
HN:
マンゴー
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]