忍者ブログ
サイトの更新状況や日々のとりとめないこと書いてます。
[298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288
今まで最終回名残惜しかった大河は数々あったけど
え、終わり?もう?とかこれほど思ったのは初めてです。
だってこれからやもんね井伊家のばく進は。
これから直政ストーリーのはじまりやし。

来年は西郷どんか~幕末か~と思ったけど
徳川を終わらす話か~と今気が付いて真田丸からの流れを思うわ~意図的かしら
直虎も最初はそんなここまではまるとはと思ってなかったけど、西郷どんも頑張ってみよう~
また今までと違う幕末が待ってるかもだし。

大河ドラマとは、過去の偉業を称えるものではなく現代を見つめるものだと改めて思う。
誰をどの事件をクローズアップするか、すべて今現在の視点なのです。
信長、家康は見方によって全然違う人物像になるし、本能寺一つとっても扱いは変わってくる。

他の番組でやたら歴史の新説をとなえる番組多かったですね。
直虎男性説から始まって、家康正室殺害の真実とか。けっこう被せてきてましたねー
それはそれとして、今回のドラマはこうだから!が、大河ドラマの正しい見方やと思います。
気に入らん、気にいるはそりゃ毎回あります。何が気に入らんかったか、うだうだ言うのが好きなんですー

例えば信康切腹事件、これどう描かれるか興味しんしんやったですけど、私、この事件が家康好きになれない理由の一つで、
「信長に言われてしかたなく」ってのが、信長に言われたからって自分の奥さんをやるんかいみたいな。
まあ信康、その母がどーいう性格かは知らんのですけど、いくら信長怖いいうてもねー、はんべーさんみたいに黒田官兵衛の子をかくまったエピもありますからね。
天下とる人物のエピソードにしたらナシやわーとこれは独自感想。
戦国の厳しさととる人もいるだろーし。
いっそ家の為に信康切った非情な父親としたほうが、まあ納得。
真田丸家康やったらアリですけど、
今回はそういう方向違うんでというのもわかるw

なんというても、
領地運営が主な軸というのが今までになかった視点でよかった。
これまでも女性が主人公はあったけど、合戦主体で話が進むことが多かった。
領民を募ったりして、土地の権利に奮闘したり、描かれそうで描かれなかった新たな戦国時代みせてもらいました。

キャラ一人ひとりのことについてもいっぱい言いたいー
田中美央氏の表情がいつも秀逸w
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[01/07 マンゴー]
[01/04 bluegray]
[01/18 マンゴー]
[01/11 bluegray]
[08/20 マンゴー]
最新TB
プロフィール
HN:
マンゴー
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]